日本語で行う国際弁論大会​出場者募集のお知らせ

募集要項

1. 演題および制限時間 〇演題に制限はありません。日本で学んだことや伝えたいことなど。ただし伝道、宣伝に類するものは

              不可する。

             〇動画編集を行わないこと、また未発表の作品に限る。

             〇動画の時間は長くても6分以内にすること。

2. 応  募  資  格  〇母国語が日本語以外であること。

             〇撮影日の年齢が満15歳以上であること。

3. 応 募 方 法 および  応募期間:2022年10月1日~2023年2月15日

  応 募 締 め 切 り     下記内容を当財団アドレスまでご送付ください。

            E-mail: ismc@jicef.or.jp

             〇所定の申込用紙を当財団HPよりダウンロードし記入

             〇本人の顔写真データ(ファイル形式はpngまたはjpeg)

             〇スピーチの動画

             ※スピーチ動画についての注意事項

             ア)日本語で氏名および演題を言ってから、スピーチを始める。

             イ)スピーチ内容は1動画ファイルでまとめる。

             ウ)スマホ/PCなどで録画したファイルをメールに添付する。

             エ)必ず本人の上半身をそのまま撮影した動画であること。

             オ)「ギガファイル便」または「データ便」などのファイル転送システムのURLとパスワードを

             メールに記載すること。

             カ)動画の時間は長くても6分以内にすること。

             〇スピーチの原稿(Word/PDF/Excel)

4.  今  後  の  流  れ    〇予選通過者の弁論動画は2023年3月19日13時(~15時終了予定)に財団ホームページ上で実施

             されるシンポジウム内で発表されます。財団ホームページに掲載されるURLからご視聴ください。

5.  賞 品 に つ い て      〇ギフト券を贈呈

​             金賞5万円相当、銀賞3万円相当、銅賞1万円相当

6.  そ の 他    〇著作権について

             スピーチの著作権はすべて公益財団法人国際文化交流事業財団に帰属されます。

             ※なお、出場者全員のスピーチが放送されるとは限りません。また、スピーチが編集される場合も

             ありますので、予めご了承ください。

             〇広報での使用に関して

             本選の出場者の氏名、国籍、写真は大会のプログラム、Web上の動画、宣伝用の広告にて公表する                    

             場合がありますので予めご了承ください。

             〇個人情報の取り扱いについて

             応募者ならびに出場者の方々の個人情報は「国際文化交流シンポジウム 日本語で行う国際弁論大会」

             の実施目的のために使用します。主催者、後援協賛団体以外の第三者に許可なしに個人情報を渡す

​             ことはありません。